2020/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
最新記事
月別アーカイブ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
11位
アクセスランキングを見る>>
🐈
カウンター
フリーエリア
espo(エスポ)とオンカジの可能性
ばんは ちは

たまには勧誘記事でも書くか

・・

オンカジの入手金手段にビットコインが導入されて、知らぬ間に時が起ったな

オンカジでビットコインを入出金手段にした仕組みは今となっては当たり前だが

当時は斬新だった

ビットコインは当初、なんだこれ?

と思いながらも今となっては浸透した

当初、1ビット300円前後から始まり今となっては100万・・いや最近下落したか・・

でもとんでもない飛躍を遂げた

まぁ・・オンカジプレイヤーにとっては当時斬新な決済手段だった

オンカジプレイヤーにすれば、当時ただの入手金手段認識だった

慣れないうちはややこしく、とっつきにくかった

今となっては無限の可能性を秘めた仮想通貨になったな

まぁ・・今も昔もこれからも、ビットコインはオンカジプレイヤーにとっては、入手金手段の感覚だと思う

今思えばその決済手段を最初に取り入れたのは

パイザカジノ

だったのかもしれない

・・・

MLM(マルチレベルマーケティング)

オンカジプレイヤーなら頭が切れるからこれ系の仕組みは理解してると思う

・・・

espo・・

これ・・MLM(マルチレベルマーケティング)のわかりやすい媒体だが

可能性がある

可能性とはオンカジプレイヤーにとっての有利な可能性だ

オンカジプレイヤーにとって仮想通貨の入手金手段は一つの選択肢

この・・espo

MLM(マルチレベルマーケティング)の典型的な媒体

可能性を感じるのは

espo登録後・・

PAZoo取引所(マルタ)に登録すると

espoポイントを仮想通貨に交換できるようになる

あえてマルタを強調するのはオンカジプレイヤーとってなじみのあるマルタ(法人税が安いオンカジ大国w)

まとめると

espo

に登録

その後PAZoo取引所(マルタ)登録(オンカジプレイヤーならここが重要、espoポイントを仮想通貨に交換できないと無意味)



espoポイントを仮想通貨に交換→オンカジに入金

そういう図式が成り立つのも遠くない気がする

まぁ・・面白い、可能性のある仕組みだ

・・・

とりま

espoポイントをPAZoo取引所で仮想通貨に換金→オンカジに入金

この図式が成り立つと面白い

ノーリスクだからww

ちなみにオイラところからespo

に登録すると

何の恩恵も無いwwwwwwww・・事も無い

2019y10m17d_184355198.jpg

オイラはespoのMLMの上位レイヤーなので他よりポイントがたまりやすいかもねww

どえらい宣伝したから恥ずかしいわ

誰も損しないからいいだろうww

じゃ・・


















ぬこにメールしてやる
2019y10m17d_184355198.jpg
Secret
(非公開コメント受付不可)

こんばんは
パイザ◯ジノが日本語バカラ始めるみたいですが
大丈夫ですかね?
スマトラのブラックジャックと同じでは?
不起訴の前例で大丈夫なのかな


No title
>
ちはっすm(__)m
”スマトラのブラックジャックと同じでは?”
あの時代は今よりオンカジが目立った時期であり
ピンポイントで狙い撃ちされましたね:(;゙゚''ω゚''):
珍しいケースだと思います。
そういう観点では、日本語であろうとそうでなかろうと
目立った行動はあまりよろしくないという前例でした。
逆に不起訴の前例も大きいです。

あまり答えになっていないので、まとまった返事が出来るまでもう少しお待ちくださいませm(__)m


No title
>
ちはす<m(__)m>
明確な返事が得れたのでご報告します。

”お問い合わせ頂いた日本語テーブルの件について御座いますが、担当部署に確認しました結果をご報告致します。
現在、オンラインカジノでのプレーが日本の法律に触れるかどうかという明確な基準がないのが現状で御座います。
今回新しく導入されました日本語ライブバカラについてですが、こちらは海外でも上場されている企業「プレイテック社」からご提供されたテーブルとなります。
プレイテック社自体は世界中多くのオンラインカジノ様と提携されていて、日本人プレイヤー様だけがプレイされているソフトウェアではありません。
また、日本語テーブルにつきましては、日本人のディーラーではなく、日本語の話せる東南アジア系のディーラーが在籍しております。
そして当カジノとしましても、海外で合法的に運営されていることもご参考にお考えいただければと思います。
もしご不安であれば弁護士や公的機関にご相談いただくのも一つで御座います。”

私的な意見を書かせていただきます。

今回新しく導入されました日本語ライブバカラについてですが、こちらは海外でも上場されている企業「プレイテック社」からご提供されたテーブルとなります。また、日本語テーブルにつきましては、日本人のディーラーではなく、日本語の話せる東南アジア系のディーラーが在籍しております。

この観点から日本人がDではなく日本語が話せるPTのお馴染み東南アジア系のDみたいです。
重複しますがいつものPTライブに日本語が話せるDを在籍させただけみたいです。
過去のスマトラ事件とは全く別物すね(;´Д`)
日本語で話しかけてるDのテーブルでプレイするかは好みすね。
オイラは言語は何でもいいです(;´Д`)
よって・・まとめるとPTのいつものライブに日本語が話せるDが入るだけっすm(__)m
本来のオンカジライフにおいてのリスクは何も変わりませぬ。



プロフィール
2018y09m22d_154826911.jpg
心得


フリーエリア