2018/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
最新記事
月別アーカイブ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
488位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
🐈
カウンター
ハンター
秋です

秋は好きです

秋が一番です

母ちゃん・・

秋が来ましたよ

・・

深夜肌寒い中散歩していた

なるべく楽しい事を考えながら

明るい事を考えながら

あの・・

不快極まりない感情が出そうになると

一人で・・

夜中の散歩道で

声にならない唸り声をあげ

早歩きする

体は重く

尿管結石の恐怖が脳裏に染みついている

あの痛さは

お産以上と言われているが

私はその痛さを経験出来てラッキーである

・・・

風向きにより某有名な工場の煙の臭いがする

稲刈りの

モミの匂いがする

ぬこの気配もする

匂いと気配に過剰に反応する

全てのことがいっきに重なり

ある種のニュータイプになれたんだろうか・・・

振り向いた

やはり

同じ住居の飼いぬこだった

こいつの行動範囲は広い

私は勝手に

こいつを

”ハンター”

と名付けている

ハッカネズミを目にもとまらぬ速さで仕留めている姿を目撃したからだ

ふぅさんとは大違いだ・・

ぬこ「よぉ、ハンター」

私は当たり前だが一人で言った

人がいたらいかれた人間にうつるだろう

ハンターはチラッとこっちを見て立ち止まった

ぬこ「愛想ないな?こっち来いよ?」

ハンターは私を小馬鹿にした顔つきでこっちを見た

ぬこ「こっち来いって」

私は座り込みハンターと同じ視線で心の同調をこころみた

ハンターとは知らぬ中ではない

茹でたささみ肉をあげた間柄だ

ハンターは近寄ってきた

ハンター「ささみは?」

ぬこ「あるわけない、散歩中だ」

ハンター「じゃおまいに用はない」

ぬこ「冷たいな」

ハンター「当たり前だ、俺は自分に利のない事に時間は費やさない、そして今は仕事中だ、何もないなら呼び止めるな」

ぬこ「・・すまんかた・・」

ハンター「お前も自分の務めを果たせ、それを果たしたならお前をささみ抜きで相手してやる」

ぬこ「・・うん・・」

ハンター「いつ死ぬかわからん、俺は出来るうちに悔いのない行動をする、お前もそうしろ」

・・・

ハンターは足早に暗闇に消えていった

・・

ぬこの勤め

私の務め

毎日が極限状態で

今ならナウシカ並みに動物とも会話できそうだ

・・・

家に帰り

PCに向き合った

見えそうなゴールが一気に見えなくなって

でも・・

これもプロセス

きっとそうだ

そうに違いない

人の勤めはその人次第

全うしよう

弱音や愚痴言う間があるなら

動け

全力で取り掛かれ

悔いは残さない

愚痴も言わない

ギャンブラー魂を忘れるな

前だけ見て

記憶に残る負け戦が美とは思わない

勝ち戦こそ美


見栄とプライドの意味を吐き違いし、素直に自分の負けを認められる人が少ないように、人は『明るい方、派手な方、流行的な方、輝いている方、勝っている方』に目を向け、そこにくぎ付けになって支配される、愚かな生き物だ。

今の私は理解できる

自分の弱さ愚かさを認めなければ

明るい未来はない

認めたよ

神様

やっと認めれた

明日も生きる









ぬこにメールしてやる
PAIZA CASINO


 
プロフィール

nukonuko1117

Author:nukonuko1117

心得


フリーエリア



bitcoincash-160x600.png