2019/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
最新記事
月別アーカイブ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
9位
アクセスランキングを見る>>
🐈
カウンター
フリーエリア
満弁の笑顔
ばんは

珍しく遠出していた

疲れた

電車の中は苦痛だった

・・・

数日前だった

友人「ぬこちゃん~店出すんや~そのうち見に来て~」

ぬ「うん・・」

友人「相変わらず嫌そうやなぁ~」

ぬ「○ちゃん元気?」

○ちゃんとはこいつの嫁でこいつと共に専門学生時代の同級生だ

なんせ巨乳で可愛いくて人気者だった

友人「相変わらずやでぇ~来てくれるか~生ビール飲みたいだけ飲んでいいから~」

ぬ「うん・・」

数日前の会話だった

私の昔の友人が店をオープンしたのだ

こいつとは腐れ縁で20年前から年に一回は勝手に連絡をくれる

こいつは某旅館で20年働いて去年退社し自分の店を持つとの事だった

20年前から自分の店を持ちたいそれが夢だってずっと言ってた

夢がかなったのか・・私は人の幸せが嫌いで人の不幸が大好きな人間だが例外もある

一つの事に全うして頑張ってる彼の姿はかっこよかった

だから純粋に嬉しかった

・・・

重い腰を上げ出店祝いになけなしの金を包み手土産をもって電車で3時間の道中を行った

・・・

・・・

彼らしい店構えで私の大好物の雰囲気だった

画像で店の雰囲気や料理を伝えたいが丁重に断られたので割愛する

10年ぶりくらいに会う彼は少し老けていたがお互い様だ 

○ちゃんは相変わらず可愛い

昔話をしながら店の中でビールを飲んでいた

慌ただしく仕込みをしている彼を見ながら

人は夢が叶うとこういう顔になるんだなって思っていた

ぬ「忙しいかい~」

彼「暇なし貧乏やで~」

ぬ「ここ良い店やな~家賃いくらよ?」

彼「あ~店舗15万~と駐車場3万やな~」

ぬ「高っ!!」

○ちゃん「この辺はそんなもんやで~これでも安い方よ~」

・・・

年末にオープンしたノスタルジックな気持ちになる雰囲気の店・・

カウンター8席にテーブルが二つ・・座敷が一部屋・・

刺身盛り合わせ・・天ぷら盛り合わせ・・トンカツ・・豚キムチ・・シシャモ・・だし巻き卵・・梅茶漬け

居酒屋の定番メニューが並ぶ

こりゃ・・二人で切り盛りするの大変やなぁ・・

そう思いながら勝手に冷蔵庫から瓶ビールの栓を開けていた

ぬ「腹減ったな~」

大根と鶏肉の煮物が出てきた

旨いがな・・

キチンとした味だ

ぬ「旨いな」

彼「そうか~それ今日の突き出しや~」

私は慌ただしく仕込みをする彼らを見ながら

なぜか・・優しい気持ちになり優しい目で彼らを見守っていた・・○ちゃんを見てた

あ~・・でもなんか○ちゃん若干おばちゃんになったな~・・

でもそれがまたいい・・

・・・

その日は週末でオープンして30分くらいで結構な客が来て私は邪魔にならないよう奥のクッソ狭い物置で寝転がっていた

慌ただしく居酒屋特有の雑音がする・・

暇だな・・散歩でもするか・・

彼「ぬこちゃん~手伝って~」

ぬ「嫌だ」

○ちゃん「ぬこちゃん~今だけ手伝って~♡」

ぬ「了解!!」

私はクッソだるかった そもそも人が嫌いなんだ なんでこんな酒飲みの巣窟みたいな場所で手伝わんといけないのだろうか

ただ酒とただ飯だけ食らって帰るわけにもいかないよな・・

・・

知らぬ間に戦場化してた ああ・・この感じ嫌だなぁ・・

彼「ぬこちゃん、生ビールの樽変えてカウンターに4杯な!その後テーブルかたずけて3人様案内して~」

ぬ「知らんがな(´;ω;`)従業員相手みたいに言うな(´;ω;`)そもそも樽どこにあんねん!」

○ちゃん「そこの裏にある~」

ぬ「了解!」

・・・

慌ただしい・・実に慌ただしい・・

ぬ「はい~生~お待たせしました~」

ぬ「お待ちの3名様~こちらにどうぞ~」

・・なんで僕こんな事してるんだ・・

彼「ぬこちゃん~はよ~こっち来て~中に来て~突き出し3個持ってった後、あんかけ揚げ出し作って~」

ぬ「なんやそれ!無茶言うな!大体あんかけ揚げ出して何や?作ったことないぞ、そもそも味変わるがな」

彼「今フライヤーに入ってる豆腐揚がったらそこの出汁あんかけにするだけや!」

なんだこれ・・

彼「それ終わったら出汁まき2人前焼いた後に茶碗蒸しあげて!味付いてるから!」

ぬ「はい・・」

ひたすら・・味がついてる料理だけを作り続けて4時間位だろうか・・

へとへとだ・・

・・・

・・・

夜中11時くらいだろうか・・暇になってきた

彼「ぬこちゃん~ありがとう~ビール飲んで~」

ぬ「いつもこれ位客来るの?」

彼「週末だけね~」

ぬ「旨いし安いもんな~さすがやな~」

・・・

・・・

その後・・深夜2時近くに店を閉め近くのスーパー銭湯に入りその夜は断ったんだが結果泊めてもらった

二人暮らしのアパートはお世辞にも広くて綺麗とは言えなかったが二人には笑顔が絶えなかった

翌日駅まで見送りに来てくれた二人を見ながら

かっこいいぜ・・本当にかっこいい・・自分の進むべく道に全うに取り組みそれを実現させている・・

彼ら「またきてくれよ~」

ぬ「うん~ありがとう~」

・・・

もう絶対行かん・・そう思いながら電車に乗り込んだ

後ろを振り返ると彼らは満弁の笑顔だった

私もなぜか満弁の笑顔で電車に乗り込んだ

また来ようまた会おう

じゃ



























































ぬこにメールしてやる
このご時世、高校教師は大変すぎるだろ
ばんは

いやぁ・・

高校教師は本当大変だと感じた

もちろん暴力は悪いが





私的な考えだがこれ見た時

あきらかにこの頭の悪そうなクソガキが先生煽って周りのクソガキがSNS用に撮影しているように感じる

このクソガキはどうせ殴ってこないだろ(笑)そうふんで、いちびりにいちびり煽りまくる

先生ファイヤー愛の右フック炸裂。。ダウン・・

クソガキ「え・・ええ?殴るの?」

その後タイミングを見計らったように新たなクソガキが登場「先生それはダメです!!」

私的な感覚だが、口うるさい先生をはめる為の安っぽい仕込みに見えた

クソガキの殴られた時のリアクションから見て殴られるのは想定外だったと思うが・・

先生は日頃から何度も何度も我慢している気持ちが爆発してしまったのだろう

これ含め世の中全てこういう風潮になってる

オイラが学生時代は生活指導でおもくそ殴られるなんて珍しくはなかった

さすがに一度ルールを破った位では殴られなかったがしつこくしていると強面のいかつい先生に張り倒された

それが良い方向にいってた気がするな

このクソガキは見てるとポリをおちょくってる暴走族と同じだ

捕まるか捕まらないかの違いだけ

自分の立場を理解し、それを最大限利用して、捕まらない安全地帯を確保しその土俵で煽っているのだ

その土俵でしか煽れない

陰険すぎる

・・・

ぬこのトイレを教える時に最初は口で教える、何回もその度に口で教える

それで覚えなかったら強めの口調に変えて再度教える

この工程に入る前に大概覚える

それでも覚えなかったら軽く頭を叩く・・

いきなり叩く事はもちろんしない

ここにしたら痛い思いするなって教えてあげるのだ

それがお互いの為になる

そういう事だおな・・

・・・

テレビでは殴った瞬間だけ切り抜いて報道している

暴力はダメだけど

なんというか偏向報道が過ぎる

こういう風潮でこういう報道で日本はどこに向かうのだろうか

日本が終わりつつあるな・・

じゃ



ぬこにメールしてやる
ロッキー
ばんは

ひよった時はいつもこれを見る

歳くってからロッキーシリーズで一番好きな作品になった

14回は見た


2019y01m15d_183410807.jpg


歳くえば食うほど良い映画だ

クリードの最新作も楽しみだ

オイラ世代はスタローンはいつまでたってもロッキーかランボーなんだよなぁ

・・

・・

赤い首輪の白は相変わらずだな



じゃ・・
ぬこにメールしてやる
白と三毛姫
ちは

私は引きこもりおさ~んだが引きこもり姫もいる

そんな引きこもり姫がかなり久しぶりに外に外出したのだ

滅多に外に出ないのでかなり挙動不審だ(;´Д`)

お腹のお肉がブリンブリン揺れてるから去勢したんだと思った



・・・

しかし半年前見た時は子ぬこだったのにめちゃデカくなってる(;´Д`)顔つきもかなり変わった

首輪をしていない白の子はリラックスしてるな(;´Д`)・・この白の子はオイラにあまり懐いてくれない(;´Д`)

首輪してる白の子とこの白の子はあまり仲が良くないので一緒に行動しない

出くわしたら喧嘩する・・

しかし・・

姫様とコミュニケーションとりたい・・

幼少期はあんなに懐いてくれたのに思春期になったら

「え~臭いし~汚い~一緒に洗濯しないで~うざいし~?」

そんな気分だ

再度触れ合いを試みよう・・



・・・

少しだけ仲良くなれたかな:(;゙゚''ω゚''):

・・・

尻尾チューリップみたい(*´Д`)

・・・

じゃ・・

ぬこにメールしてやる
抗生物質
ばんは

鋭利な物が刺さると痛い

当たりまえだ(;´Д`)

オイラは鶏を毎日のようにさばいている時代があってこの鶏の骨が爪の間に突き刺さる事がよくあった

大抵親指が多かった 

これ実は厄介だ・・その時は痛ッ!ってなって血が少しにじむ程度で済むが運が悪かったら数日後・・爪の中が化膿してくる・・

おしっこする時ポコ地租を支えるだけで激痛が走る位まで悪化する

指がパンパンに腫れてくるのだ・・

酷くなってくると熱が出てくる

たかが爪の間の少しの傷だが侮れない

こうなると・・限界までパンパンに膨れ上がるのを待ち満を持して親指を布で保護しペンチで膿を出すのだ

・・・

これが発狂するくらい痛い

私はベロベロに酔って酔いに任せてしてた(;´Д`)

でも出し切れば痛みは嘘のように消える

そう・・少しの傷でも化膿すれば大惨事だ

抗生物質のない時代なら命にかかわる

抗生物質を発明した人は偉いm(__)m

・・・

・・・

鋭利な物が刺さると痛い・・

私は昔釣りをよくしていて針が指にめり込んだことがある

大抵釣り針にはかえしが付いていて刺さった方角から逆走して抜こうとするとかえしで抜けないし無理やり抜こうとすると

肉をえぐることになる

いやぁ・・この動画の気持ちわかる・・

釣に行ってたら必ずしも病院にすぐ行ける状況でもないし

海の男の応急処置ってもんがある

化膿を最大限防ぐ処置だ



自分で出来ないからオイラも当時・・船長にやってもらった

全く同じシチュエーションだ(;'∀')

気持ちわかる・・船長の対応素晴らしいな

とりま・・抗生物質発明した人に感謝しよう・・

じゃ・・



ぬこにメールしてやる
プロフィール
2018y09m22d_154826911.jpg
心得


フリーエリア